アフィリエイトの基本はASP選びから

こんにちは。専業アフィリエイターの吾郎です。

 

専業でアフィリをはじめて8か月が経過しました。実は書きたいこともたくさんあるんですが、今回は『本気でアフィリエイトで収益を上げたいなら、ASPはマトモな会社を選びましょう!』という話です。

 

ちなみに、この記事は怒って執筆しました。今回の記事の内容はASP選びは慎重にしましょうという内容ですが、ビジネスは信頼があって成り立つものです。アフィリエイトは承認されてなんぼの世界で、100件発生しても承認が0なら報酬は0円の世界です。アフィリエイターから見れば承認はブラックボックスです。それをいいことに承認作業に不正があってはいけません。

 

吾郎吾郎

今回、ASPの社名も出しちゃってます。アフィリエイトで実際に起こった闇の部分です。これからネット広告の世界に飛び込んで来る方の参考になれば幸いです。

 

アフィリエイターあるあるだと思いますが、実際の結果を元にアフィリエイトの怖い部分を確認していきましょう。

 

はじめに資産運用(FX)の承認率の話

アフィリエイターとASPは深い関わりを持つ関係にあるため、広告収入で利益を上げるためには、あなたのパートナーになるASPを選ぶ必要があります。僕はこの部分を非常に重要だと考えています。

 

そして、FXの案件の話だけに焦点を絞ると、承認の段階は大きく3つに分かれます。

 

  1. 口座開設後取引&初回入金
  2. 口座開設完了
  3. 口座申し込み

 

では、どうやって承認方法が変わってくるかというと、アフィリエイター(媒体とかメディアとか呼ばれている)の成績によって決まります。アフィリエイトの厳しさの1つとして、成果を出せない人は特別単価も適用されず、承認の間口が広くなる(易しくなる)ということはありません

 

一般社団法人、全日本SEO協会がアフィリエイターにアンケートを取った結果によると・・・。

  • 収益がない人が全体の3割
  • 収益が月1万円以下の人が2割
  • 収益が月10万円以下の人が3割

 

なので、ほとんどの人がブログやアフィリエイトで収益化できていないという現状があります。

一般社団法人全日本SEO協会

 

つまり、特別単価を適用してもらう、承認しやすいものに変更してもらうためには、それなりの実績と成果が必要になるという訳です。そして、僕の肌感覚になりますが、承認の段階による承認率はこんな感じです。

 

承認段階承認率
口座開設後取引&初回入金30%~40%
口座開設完了50%~60%
口座申し込み80%

※公式に発表されている数値ではありません。僕の経験値と感覚による数値です。

 

承認率の低い、口座開設後取引&初回入金については、はじめから入金額が10万円以上~30万円以上と決まっているものも多く、口座開設に至っても承認条件を満たしていないという理由で成果にならないものもあります。

 

そのためCV条件(コンバージョン条件、成果条件)は口座開設完了や口座申し込みまでASPに下げてもらえると、マネタイズしやすいものになってきます。ちなみに僕の案件で、口座申し込みはないので、口座開設完了でサイト運営をしています。

 

このようなデータがあると、発生件数からおおよその収益が割り出せるんですが、『ASPの選び方1つで未来は変わる!注意が必要!というのが今回のお題』なんです。

 

僕が専業になったときに特別単価を出してくれたASPの発生件数と承認件数を公開

ジャネット管理画面

運が良く、成果単価は25,000円だったものの、2016年12月の発生件数は3件でしたが、全てが否承認という結果でした。AS名は僕のサイト名が記載されているので、モザイク処理をさせて頂いています。

 

ちなみに、この時期に、SBIFXトレードの積立FXという記事を書いて、ブロガー仲間が『貯金のつもりではじめてみます!』と口座開設をしてくれたんです。その方は今もコツコツ外貨積立をしているので、12/15の口座開設は間違いなく成果なはずなんですが、否承認になっています・・・。

 

この時点で僕は、このASPに不信感を抱き始めました!

 

文句を言っても仕方ないので、がんばるしかない!という気持ちで記事の更新、GRC等回して発生件数を増やしていこうと毎日必死でした。

 

ですが、翌月は発生件数なし・・・。

 

しかし2017年2月に奇跡が起こります!!!

スポンサーリンク

 

2017年2月の発生件数は?

ASPジャネットの管理画面より

トラフィックも増えてきて、2月頃から少しずつCVするようになってきました。単価25,000円なので、この10件がもし全て承認されれば、25万円!!専業アフィリエイターとして上々の滑り出しが現実的になってきました。

 

・・・しかし、このASP承認期間がなぜか180日もあるんです。通常30日~60日が最長なんですが、なぜか180日。ちなみに記事を書いている2017年8月、この時期にこの結果が出ました。(承認日を確認すると2017年7月)では、この10件のうち承認は何件か???

 

吾郎吾郎

改めて、この記事を読んでみると『承認待たせすぎだろ!』とつっこみたくなりますね。

 

cv条件は口座開設なので、悪くても50%~60%かな?うまくいけばそれ以上か??とワクワクが止まりません。

 

アフィリエイト成果

脅威の10件全て否承認です。

 

 

脅威の10件全て否承認です!!

 

 

脅威の10件全て否承認です!!!

 

他のASPさんでも同じようにFXをやっていますが、これはないです。悪くて承認率40%~50%で、全ASPに共通している事項です。つまり、このASP・・・承認を操作していないか??という疑惑が僕の中で生まれました。

 

もちろん、口座開設に至ったかどうかを僕が知る由はありません。しかし、やって良いことと悪いことの分別はつけてもらいたいです。

 

吾郎吾郎

ちなみに、この頃の私は、アフィリエイト事業をはじめて間もないということもあり、いつも血眼になっていました。否認を食らう前に7/4くらいにASPに『承認遅いんですけど・・・』という文句のメールを送っています。メールの返信はなく、メールを送った翌々日くらいいダダダダっと否認が並びます。この否認を食らったのが7/6です。

ただの偶然とも思いたいですが、そんなこともなさそうな気がします。

 

2017年3月の成績

3月のアフィリエイト発生件数

2017年3月もコンスタントに12件発生していました。先月より2件多いので、僕的にはハナマルです。

 

アフィリエイターは記事に信頼性を持たせて、読者の方が欲しい情報を発信して広告主の営業行為をするものと思っています。できることは限られますが、過剰表現はせず、体験談や、広告主の良い部分に焦点を当てて営業行為をひたすら行うことしかできません。※僕はコンテンツSEOしかやらないので、いわゆるテクニックSEOはやりません。記事の質、サイトの質だけで勝負しています。

 

2017年3月に発生した分の承認が2017年7月と承認が遅いことはASP側の都合としても、12件発生!先月のようなことはさすがにないだろう・・・・

 

さて、結果は??

 

12件発生して承認は1件だけ・・・

 

12件発生して承認は1件だけ・・・

 

えっ!?

 

これって悪意の承認操作じゃないですか???

 

吾郎吾郎

今までは一切承認されなかったものが、7/4くらいに文句のメールを投げたら、7/6にまとめて非承認。次の承認は7/31でした。これはすごく早かったです。しかし、結果は全否認。よく見てもらうと、承認になっているのは4/28に承認されているものだけです。これってひどくないですか?

私の憶測と仮説ですが、私の脳内のASPの会話をご覧ください。

A『このアフィリエイター収益も上げてないくせに、偉そうに文句ばっか言ってくるよ!全否認でいいかなぁ』

B『全否認うちがやっちゃったら、うちも広告費入ってこなくなるよ?』

A『いいよ、こいつむかつくから!メールも返信しない!広告主には、獲得方法に問題がありましたとか言っておいて全否認かましとくわ!』

B『それならいいんじゃない?』

このような会話があったかは不明ですが、このようなことをASPがやっていなければ話のつじつまが合わないんです。

 

ここまでの発生件数と発生金額および承認件数を確認していきましょう。

発生月発生件数発生金額承認件数承認金額
2016年12月3件75,000円0件0円
2017年2月10件250,000円0件0円
2017年3月12件300,000円1件25,000円

このASPにお世話になった時期は3か月間でしたが、承認率は4%。24件の発生件数についてはぬか喜びで終わりました。しかもcv条件は口座申し込み完了です。一番いいやつです。

※2018年9月に記事の見直しをしていますが、このcv条件は今でも1社しかもらえていません。

 

本当に頭に来たので、このASPは解約しました。私の感覚では仕事は信頼の上に成り立ちます。信頼できない人とは一緒に仕事できません。

スポンサーリンク

 

ASPを変えれば同じ案件でも承認率は変わるのか?

TCS

TCSアフィリエイト

 

以前よりお世話になっているTCSさんに、SBIFXトレードの案件を提携してもらえるように泣きつきました。担当者の方についてもらっているので、こういうときは本当に頼りになります。

 

直近の発生件数をご覧ください。

 

TCSアフィリエイト

単価の部分だけマスキングさせてもらいました。結果から言えば、ジャネットよりも安い金額での提携ですが、信頼できるASPを利用できれば承認率4%でも諦めがつきます。

 

管理画面がジャネットと違いますが、コンスタントに獲得できています。コンテンツも同じもので、広告を掲載している場所も変更なく、唯一違う点はASPを変更しただけです。

 

 

TCSアフィリエイト承認分

先月発生した分の確定ですが、承認が早いのも助かります。(これが普通なのかもしれませんけど・・)この管理画面は承認されたものだけが表示されているので、承認率はわかりませんが、ぱっと見から見ても、前者と承認率の違いがお分かりいただけるでしょう。

 

ちなみに、僕が自分でチェックしているものを参考にすると、2017年5月からTCSさんを利用させてもらっています。

 

発生月発生件数承認件数
2017年5月3件0件
2017年6月19件4件
2017年7月21件15件

 

吾郎吾郎

ASPの話では、承認は広告主が行っているという説明です。今回の場合、SBIFXトレードという広告主が同じで、同じ記事から成果発生しているのに、承認数は全く違うものになっています。

 

そもそも承認率は50%前後くらいという担当者の話でしたし、確かに非承認はあるものの、発生後30日の承認と考えるとかなり承認率は高いようにも感じます。7月分が今月承認作業されるとすれば、承認率7割くらいはありそうです。このまま堅調に獲得してくれると助かります。

 

 

で、あるにも関わらず、全く違う結果になるのは、アフィリエイトの承認作業という闇の部分です。このようなことが普通に起こっているからアフィリエイトがまともなビジネスとして認知されないのではないかと私は思っています。

 

吾郎吾郎

あいらぶTCS!

 

成果を詐称するアフィリエイター、友人にクリックさせたり、有人に契約をさせるアフィリエイター、成果を偽造するASP。お互いが詐称せず、真摯にビジネスに向き合う必要があると思います。

 

青臭い話ですが、一人ひとりが嘘をつかず、正々堂々ビジネスをしない限り、この業界のうさん臭さは抜けないと思います。

 

とは言え、僕は業界の健全化や、透明性にあまり興味もないので、『自分が常に透明性のあるビジネスをする』だけを肝に銘じて作業しています。本気で仕事をすれば見てくれる人はいますし、拾ってくれる人は必ずいると思っています。

 

今回のように、同じ案件で、同じ訴求をしてもASPが変わるだけで、このような違いが出るのは実際に起こる事実です。あなたが損をしないためにも、信頼のおけるASPを選びましょう!!

 

アフィリエイターのつぶやきは?

こんな話も次から次へと出てきますし、僕が非承認くらったASP様は広告主側ではなく、ASP側で操作している気がします。証拠はありませんが、10件の全否認を食らったあとに、承認のことをメールで文句言ったら、翌々日に全否認とわかりやすい対応してきたので・・・。証拠として2月に発生している分と3月に発生している分の非承認日がまとめて2017年7月31日になっています。

 

文句を言ったら、まとめて全部非承認にされたんです。結論はビジネスパートナーは信頼できる会社を選びましょうという話です。本来、我々アフィリエイトを仕事にしている輩は、広告主が利益を出せるような記事やコンテンツを作っていくべきで、広告主が儲かる、ASPも儲かる、アフィリエイターも儲かるという図式ができなければダメなパターンだと思います。

 

ネット上で仕事をしていても最終的には人と人のつながりです。この業界、見えない部分が多いですが、お互い誠意ある仕事をしていなければビジネスとして成り立ちません。業界が正常化することを切に祈っています。

 

私たちは環境が変わっても仕事を続けていかなければなりません。広告主からしても、テレビCMを流すより成果報酬型の広告の方が広告費を下げた宣伝ができるはずです。

 

アフィリエイト業界が胡散臭くなければまだまだ生き残れるチャンスはあると思うので、私たちも襟を正して作業していきましょう!

スポンサーリンク