キャプテン翼四ツ木駅

こちらの写真、どこかわかりますか?

 

葛飾区の京成四ツ木駅の構内なんです。作者の高橋陽一さんが、葛飾区四ツ木の出身で『高橋先生にあやかろう!』という感じで四ツ木駅がキャプテン翼の街になりつつあります

 

目の前は若林くんで、トイレ前の壁にアートのように描かれています。

 

吾郎吾郎

多分・・・多分なんですけど、トイレ前なので、モレとかこぼしをキャッチとか・・・そんなギャクセンスだったりするかもしれません。(憶測)

 

四ツ木駅構内の写真を撮影してきました。生まれ変わった四ツ木駅とキャプテン翼ファンは、ぜひ四ツ木駅に観光に来てみてください!

 

お金がかからないで観光できる場所がたくさんあります。土日にお子さんを連れてきたり、カップルや友達同士でも楽しめます。夜は安くておいしい居酒屋さんがたくさんあります。(葛飾区は居酒屋しかないのか・・・)

そもそも、南葛は南葛飾から来た名前

四ツ木駅スカイラブハリケーン

【エスカレーターには立花兄弟のスカイラブハリケーンの名シーンが!】

 

そもそも、キャプテン翼の舞台は静岡県南葛市という設定で、東京の代表は東邦学園の日向小次郎くんたちです。静岡県南葛市というのは架空の設定で、作者の高橋先生の実家の四ツ木が葛飾区の南に位置しているため、南葛としたそうです。

 

吾郎吾郎

アニメが先ですが、今では南葛飾高校というキレイな学校が立石に建ちました。サッカーが盛んです。

 

エスカレーターの手すりにはキャプテン翼の名場面のセリフも書かれています。あまり集中して手すりを見ていると、エスカレーターから降りるタイミングを逃してしまうのでご注意ください。

 

もう少し、エスカレーターを進んでいくと、翼くんがドライブシュートを打つ瞬間も描かれています。

 

他にもたくさんのイラストが駅構内のあちこちに描かれています。

ドライブシュートを打つ翼くん

 

四ツ木駅ホーム入口には翼くんの1/1フィギュアもある!

翼くんのフィギュア

改札を抜けたところには翼くんの実物大(多分)のフィギュアが置いてあります。実はこの左側にもっと面白い実物のサッカー選手のフィギュアも置いてあります。

 

サッカーファン、キャプテン翼ファン、子供の頃キャプツバを観て育った世代は楽しめる場所になっています。

 

四ツ木駅を出るとキャプテン翼の銅像があちこちに建っている!

四ツ木駅から一番近い場所にある銅像は石崎くんです。一番近いなら翼くんじゃ・・・と思いますが、御愛嬌です。

 

顔面ブロックで何度も(か)ゴールを守ったことのある石崎くんです。

石崎了

 

 

少し遠いんですが、駅から15分ほど歩いた公園にも銅像があります。誰かわかりますか?

 

ぱっと見、翼くんですが・・・。

岬くん

岬太郎くんです。

 

 

よく見ると、名前が銅像の下に書いてあるので気になる方はチェックしてみてください。

 

吾郎吾郎

アニメを銅像にするのは難しそうですよね。例えば、名前が書いてなくて、翼くん、岬くん、松山くん、三杉くんあたり、区別がつきそうにありません。

岬太郎の銅像

スポンサーリンク

 

銅像はマップで位置確認ができます

イトーヨーカドーが載ってしまうところが四ツ木っぽいですが、銅像を見たあとは、ディープな四ツ木、立石界隈で下町飲みというのも楽しめると思います。

 

 

キャプテン翼のテーマがある!

四ツ木駅構内の様子

電車から降りて階段で降りて行く途中に翼くんが『ようこそ!』と世界の言葉で迎えてくれます。(英語がないのが葛飾のディープなところ)

 

後ろで日向くんがシュートを打っています。『くらえっ』とは何とも日向小次郎っぽいセリフです。

 

実は・・・

 

 

 

 

日向小次郎のシュート

反対側の壁にめり込んでいるというストーリーがあったんです。

 

吾郎吾郎

このめり込み具合から見るとネオ・タイガーショットだな(多分)

 

 

亀有と言えば、こち亀の両さんです。四ツ木は面白そうな観光スポットがありませんでしたが、これを機会に居酒屋の街からキャプテン翼の街になってほしいです。(切実)

 

四ツ木駅は電車でスカイツリー10分前後ですし、スカイツリー見学の後に四ツ木に寄って、帰りは酔って電車で帰宅するという観光プラン!いかがでしょうか?

 

ぜひ、遊びにきてください。

 

葛飾区から依頼された訳ではありませんが、葛飾区の観光スポットのお話でした。

バスもキャプテン翼

バスも翼くんです。かなりマジっぽいぞ。葛飾区。