権威者の何気ない一言で世界は変わる

世界的に猛威を奮っている新型コロナウイルス。決定的な治療薬ができていないことと、ワクチンが完成していないことから、事前にどう食い止めるかが課題になっていますが、経済を完全に止めるわけにもいかず、世界の指導者は難しい判断を迫られています。

人間、不安になると新しい情報にすがりたくなりますが、どうしてもデマや個人の思い込みなどが拡散することがあります。

悪気はないと思うんですが吉村大阪府知事がイソジンで新型コロナの繁殖が減ったという発言をしたら、薬局からイソジンが消える事態に。

吾郎吾郎

手の消毒してもうつるんだから、イソジンだけで何とかならないこと少し考えればわかるでしょう。

こんなことを何度も繰り返している日本ですが、ニュースやSNS、ネット情報など、無料で手軽に入る情報が増えたことで、オイルショック時のトイレットペーパー買い占めのような事態が度々起こっています。

吾郎吾郎

これからはニュースの表面上だけを信じないで、自分で内容の精査をする時代になってきています。情報を疑う力が必要な時代ですよ。

それよりも頭にきたのがこれです。

禁煙してるんだから、嘘か本当かわからない情報をプレジデントオンラインが出すなよ!という話。しかも、喫煙者の方が新型コロナを発症しないという内容です。そもそも世界的に喫煙者が減っているから喫煙者の発症者が少ないんじゃないの?

まだ禁煙半ば・・・

禁煙中

禁煙56日目。禁煙失敗は10回以上。私は筋金入りのニコチン中毒者です。喫煙者によくあることで『タバコやめたい、やめたい』と10年以上言い続けていたと思います。

今、禁煙外来に行ってチャンピックスを処方されています。やっと2カ月禁煙している生活をしていて、離脱症状はないものの、タバコを吸いたいという欲求は全然あります

禁煙中の方はこちらの記事もどうぞ。励まし合って禁煙を成功させましょう。

その矢先、この記事です。ダイヤモンドの記者の気持ちもわかります。喫煙者はタバコを悪く言われると自分が悪く言われた気になり、気分を害します。そうは言ってもタバコの害についても熟知しています。

しかも、タバコが自分の健康を増進しているという内容がありましたが、本気で禁煙をしていないだけで離脱症状がきつくて禁煙をやめている人です。このような権威性のある会社の記事で喫煙を煽るようなことはやめて欲しいものです。

別件ですが、喫煙者だった志村けんさんが新型コロナ発症後3日で亡くなったことにも胸を痛めています。新型コロナが肺炎を引き起こすなら、肺にダメージを与え続けるタバコが体によくないことは重々承知しているはずです。

スポンサーリンク

一体どっち?w

喫煙とコロナの関係

プレジデントが記事を書いて、その内容をYahooニュースが抜いて、ニフティーニュースも抜いたことで同じ画像が3枚並びました。その下には中野区の医師会がタバコを吸っているとコロナウイルス肺炎が重症化すると記載されている記事。

記事では、中国の喫煙率が22%前後に対して、新型コロナ感染者の割合が10%なのでニコチンが新型コロナの感染を抑えているのではないか?という仮説。

中国だけの数字ではどうも信憑性が低いというか、中国は偽装、偽造を国が主導していることもあって信用できない部分もあります。
参考:【詐欺か愉快犯か?】中国からの種入り郵便物|犯人の目的は何?

喫煙者の寿命が短いのは周知の事実

医学は統計から平均寿命を割り出しますが、喫煙者の寿命は非喫煙者より短いことは周知の事実です。中には喫煙してても90歳近くまで生きた人もいますが、統計学的に見たら喫煙で寿命が縮むということは世界の共通認識。

確かに、喫煙者はイジメられていて、副流煙が健康を害するので自由にたばこを吸える場所もなくなりました。企業では喫煙者は昇進できないとか、良いことは1つもありません。

なぜ、私がタバコを悪者にしたいかというと、悪く言っておかないと、たばこを吸い始めそうだから・・・。何十年と付き合ってきた相棒みたいなものなので、本当はたばこ吸いたい。

でも、息苦しくなるし、肩身の狭い思いもするし、携帯灰皿持ってても『あいつ、吸い殻捨てるんじゃないか?』的な目で見られるのも嫌だし。(そもそも喫煙所行けという話)

この話は結果も出ずにうやむやになって終わりそうな気がします。プレジデントオンラインが思いつきで書いた記事だろうし、誰も責任を取る感じでもありません。

このように、誰も知らないことについては、本当か嘘か、確証の取れていないデマが拡散することが非常に多いです。新しい情報を全て疑えとは言いませんが、ある程度精査できる能力が必要な時代であると感じます。