先祖調べ

スポンサーリンク

 

私が自分の先祖に興味があったのは、何も先祖のことを知らないからだと思います。父は小学生のときに父(私の祖父)を亡くしていますし、まだまだ日本は豊かとは言えない時代で、医療も食品も今のように充実していない時代でした。

 

今回の先祖調べをする中で父に情報提供を求めると・・・。

 

吾郎の父吾郎の父

うちの先祖なんて大したことないから調べても意味ないって(笑)

 

吾郎吾郎

いやいや、意味ないって言うか知りたいんだよね。

こんな感じでした。このように私の父が先祖にそもそも興味がないので、全く情報はないまま先祖調べをスタートしました。そもそも、私が自分の先祖に興味を持った理由はこちらで紹介しています。

 

私と同じように、自分の先祖に興味を持って自分で調べてみようという方に、1つでも参考になれば嬉しいです。はじめに先祖調べでやっておきたいものは戸籍謄本調査で、やり方などはこちらで紹介しています。

スポンサーリンク

 

先祖の土地がわかったら住宅地図を調べてみる

先祖の土地

住宅地図をネットに公開するのは著作権の関係でアウトのようなので、近隣の地図をグーグルマップで調べました。通常地図は個人名や表札の表示はなく、会社などの情報、公共施設などが記載されています。

 

私の苗字は久保ですが、地図の下の方に久保工務店があることがわかります。実際の先祖の土地はもう少し北の方面なので親せきかもしれません。

 

ゼンリン住宅地図はコンビニで出力できる

ゼンリンの住宅地図サービス

全国のセブンイレブンのコピー機で住宅地図(個人宅もわかる地図)を取得することができます。私もこれを使って八王子の住宅地図を確認しました。

 

先祖調べで読んだ本には、江戸時代は今のように簡単に引っ越しできない環境でしたので、江戸時代に先祖が住んでいた土地がわかれば、先祖の生活やどんな環境に住んでいたのかわかるということです。

 

地方の集落では同姓の家が密集している場所も多いらしく、先祖が農民であれば、その周辺を管理していた庄屋である可能性が高いというのです。また、同姓が多く集まっていれば親戚縁者が多い可能性もあり、先祖への手がかりになるだろうという話です。

 

先祖が農民だとなぜ庄屋なのか?

江戸時代の平均寿命は50歳です。中には長生きした人もいますが、食生活や医療は現在のように充実していませんし、お金がない農家であれば医者にかかることもできません。また、江戸時代の医療は漢方が主流でした。効くか効かないかわからない薬を処方されることもあったと思いますし、外科手術は一切ありません。

子供を残せたということは普段の食生活や栄養もある程度は良かっただろうと考えられます。あなたの先祖は何度も起こっている飢饉も乗り越えていることになります。

このような理由から、経済力のない農家は滅亡している可能性が高く、あなたの遺伝子は2000年を超える人類の歴史の中で途絶えることなく受け継がれている家系なのです。そう考えると、経済力があったか、強運の家系だと考える方が妥当なのです。

 

ゼンリン住宅地図を調べてみると・・・

ゼンリン地図

東京府多摩群川口村は東京都八王子市上川町に変更になっています。現在の住所に変更して住宅地図を取得しました。ゼンリンの利用規約に、この地図の全部、または一部を有償無償に関わらず第三者に利用させないこと。とあります。

 

しかも、住所から居住者の氏名などがわかってしまうので、掲載することはやめておきます。

 

そして、住宅地図を調べてみると『久保姓』が20軒近くあることがわかりました。

 

吾郎吾郎

これってもしかしたら、この土地に根付く久保家の塊なのかもしれない!ご先祖様は有力者か?

こんな期待に胸が膨らみます。もしくは有力者の本家があって、その分家の可能性もあるかもしれない。そんな期待大です。

スポンサーリンク

 

情報収集のために手紙ローリング作戦

手紙作戦

私は父の実家に行ったこともなければ、八王子に行ったこともありません。どんな土地で住みやすいのかどうかもわかりません。しかも、住宅地図を見ても、どの家が親戚で、どの家が親戚でないかも全く検討がつきません。

 

吾郎吾郎

近所の久保さんの住所はわかってるんだから、丁寧に手紙を書こう!

こちらの誠意がわかれば返信してくれるはずですし、20軒近くあるんだからある程度は返信してくれるだろう。(後日、業者に確認してわかったことは、手紙の返信率は8%~15%が良いところだと聞きます)

 

出した手紙の内容(一部マスキングしています)

突然の手紙で失礼致します。私、〇〇と申します。自分の先祖や自分のルーツに興味があり、最近先祖のことを調べ始めました。私の祖父、〇〇さんは、父が9歳のときに亡くなっていますので、私は会ったことがありませんでした。大昔に亡くなったお爺さん、そんな印象しかありませんでした。

 

私は自分の先祖やルーツに興味があり、戸籍謄本を遡る方法でご先祖様のことを知りたいと思い調べていました。

 

〇〇さんの本籍を調べると八王子市上川町になっていて、調べると上川町は丁番を持たない単独町名ということがわかりました。地番がそのまま住所ということがわかりましたので、本籍地付近に久保様の自宅があることを知り、今まさに感動しております。

 

そして、ゼンリンの住宅地図を確認すると近くに久保橋、近所には多くの久保姓がいることもわかりました。この土地こそ、私のご先祖様が代々生活してきた土地だろうと確信し、目から鱗が出る気持ちです。また、八王子区役所や八王子郷土資料館にも問い合わせをして八王子の歴史と上川町(旧川口村)のことを調べていくと、橋以外にも字久保という地名があることまでわかってきました。

 

私の仮説の域を出ませんが、現時点で私と御家は親戚関係にあると考えています。

 

このような感じで、もしわかることがあれば返信用封筒(切手も貼ってある)のアンケートに記入して返信してくださいませ。という内容で手紙を書きました。

 

個人情報ダダ漏れですが、戸籍謄本もコピーして、私と八王子の関係がわかるように書類も同封しました。

 

アンケートの内容
  • 菩提寺(ぼだいじ)(先祖代々のお墓)がわかれば
  • 家紋
  • 久保家でわかることがあれば教えてください

 

ただし、返信が来るか来ないかは賭けでしかないので、この間に調べられることをやってみようと思います。手がかりは図書館と郷土資料館です。地元の有力者であれば何かしら古文書で確認できるはずですし(古文書は読めませんが)昔の文献からわかることがあるはずです。

 

業者に手紙ローリング作戦をお願いすると15万円ぐらいかかる

業者に手紙作戦をお願いすると高額

この記事を書いた後に、先祖調査をしてくれる業者と面談しました。この手紙ローリング作戦は業者も利用する方法だそうですが、返信率は8%~15%だそうです。

 

手紙の返信率を上げるためには?

チェック文章の文面

チェック文章の信憑性

チェック手紙を出した人の誠意性

チェック手紙を出した地域の属性や特性

 

などによって大きく変わるようです。ちなみに業者に手紙ローリング作戦を依頼すると10万円~15万円ほど費用がかかるようです。

 

自力でやる場合は、ワードで文面をしっかり作れば書くのは1つで済みます。封筒、返信用封筒、切手代、必要書類のコピー費くらいなので数千円で済みます。また返信用封筒には『料金不足時受取人払い』と赤字で記載しておいた方が良いでしょう。

 

返信用に資料を送っていただけるケースもありますが、料金不足で戻ってしまってはもったいないです。料金不足時受取人払いを書いておくと、封書が届いたときに不足分の切手を貼ってポストに投函すれば良いので手間もかかりません。

 

吾郎吾郎

自力でやると時間と手間はかかりますが、やっていることはプロと変わりませんので、コツコツ作業していきましょう。15万円浮きます。

 

八王子郷土資料館

八王子郷土資料館

手紙の返信を待つ間に八王子の属性や文化、歴史的背景を知っておいた方が良いと思いました。目を付けたのは八王子郷土資料館と八王子中央図書館です。

 

八王子郷土資料館は、八王子の歴史を今に伝える公的な施設で、八王子市の登録博物館になっています。縄文時代から平成までの八王子の歴史的な文献が眠っています。

 

江戸時代の八王子は幕府の直轄領地ということもあり、山梨(甲州街道や中仙道)からの敵襲に備えるために要塞の役割もしていたようです。ここで八王子千人同心(同心は足軽という意味)を置いて、普段は農民、有事には幕府の守備兵になる部隊がいました。これが八王子千人同心です。

 

一般的に千人同心は有名ではありませんが、新選組の井上源三郎は千人同心の世話役の井上藤左衛門の三男だったようです。

 

吾郎吾郎

八王子千人同心は八王子では有名で、八王子カルタに出てきたり、学校教育でも教えてるみたいです。

 

これだけ、八王子の歴史的な文献や資料を揃えているので、先祖のことがわかる文献があるかもしれません。失敗しない文献の調査方法は次の記事で紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク