吾郎です。

 

最近のアフィリエイトはコンテンツSEOが評価されるようになってきました。今後のネット業界は明るい未来があるでしょう。

 

ライティング、ライティングと言われますが、大御所からすれば大したことないと思う方もいるようです。

 

アフィリエイト界の大御所さまもライティングより行動力と言っていますね。

もちろんバランスが大切とも言っていますが、ライティング力が全てではないと私も思っています。

 

 

今回は少しライティングの話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

クライアントさんが厳しい人だと成長できる!

クライアントさんに怒られる毎日

僕が副業でライターをしていたとき、運命の出会いというと大げさですが、すごく厳しいクライアントさんの仕事をしていました。

 

言い回しが良くない、伝わりにくい、読みにくい等々で何度も記事の修正をさせられました(させて頂けました)当時は正直『面倒臭いな』と思う部分もありましたが、これが基本になった感じはしています。

 

何でも受け入れてくれるクライアントさんではなく、厳しい人の方が自分の成長につながると感じています。

 

文章が良くても読まれなければ意味がない

キー

 

文章の読みやすさ、文法の正しさはライティングをするに当たって必要なスキルです。しかし、文章は読まれなくては意味がありません。

 

ネット記事は書籍と違います。読み飛ばしされる、ナナメ読みをされる、タイトルだけを読まれることも多く、文法の正しさだけよりも、文章をあえて短くするなどの工夫も必要な場合があります。

 

当時のクライアント様から薦められた書籍を紹介します

シンプルに書く

 

シンプルに書くから例題を1つ

長い文章は「。」を付けて短い文章にすると読みやすくなる。

 

例1)年初から反体制派のデモが始まりましたが、当初は地域が限られており我々にはあまり影響がなかったのですが、4月頃から市の中心部で過激な行動が目立つようになりました。

 

例2)年初から反体制派のデモが始まりました。

当初は地域が限られており我々にはあまり影響がなかったのですが、4月頃から市の中心部で過激な行動が目立つようになりました。

【引用:シンプルに書く】

この例は「が、」止めが2回続いているから文章を区切って読みやすくした方が良いという例題でした。

 

今、読み返しても、僕はまだやってそうな気がします(笑)

これがウェブライターに通じる点は、文章が長いと読者の離脱率が上がります。

サイトやブログをせっかく開いてもらったのに、字がばーーとあるとすぐに閉じられてしまいます。

調べたい、知りたいことがあるのに、あなたのサイトが閉じられたということは、

  • そもそも調べたい内容のサイトでなかったのか?
  • サイトの構成を見て、読む気力がなくなったのか?

なので、文章を区切ることで読みやすい構成を作ってあげた方が良いですよね。

 

スポンサーリンク

 

主語抜け、指示代名詞これはやりがち!

重要なのでチェックです

話し言葉だと、流れから主語がなくても通じることってありますよね。

例えば、「今日野球やったんだけど、ホームラン打ったんだ!」

流れから本人が打ったと想定できますが、これが文章になると主語抜けは致命的なんです。

 

書籍と違いウェブでは下にスクロールするしか方法がありません。(マンガは別)

あなたも経験があると思いますが、読者はスクロールに慣れているので流し読みをします。

はじめから読んでいけばわかる内容も、読み飛ばされることによって、こちらの意図しない内容に解釈されることがあるんです。

 

同じように指示代名詞。

学生の頃の授業みたいで申し訳ないんですが、「これ、ここ、そこ、どこ」っているやつです。

話の途中に指示代名詞を入れることで、何を指しているのかわからなくなることがあります。

 

金太郎あめの法則が良い?

読み飛ばされても、一部のコンテンツで内容を理解できるようにしてあげると読者の満足度は高まります。

読者は知りたいことがわかれば良いだけで、あなたの作ったサイトを一生懸命読みに来ているわけではないのです。

 

もちろん、サイトが面白ければ、

  • ファンになってくれる可能性もありますし
  • 再来店してもらえるかもしれません
  • 内容が良ければリンクを貼ってもらえたり
  • はてブしてくれるかもしれません。(※ネット上のソーシャルブックマークサービス。被リンクと同じ効果があります)

主語と述語はできるだけ近くにおく

主語と述語は近い方が良いのです

シンプルに書く。の内容だったか記憶にありませんが、主語と述語を近くに置くことで読者は文章を読みやすくなります。

これは、一文を短くするに通じる部分もあるんですが、長い文章は頭を使わないと理解できないことが多いんです。

例)昨日すごく頭に来たのは、帰ったらlineするって言ってたからお風呂も入らないで待っていたのに、全然連絡が来ないし「待ってて」って言うから言うからずっと待っていたのに、結局0時回るまで連絡も来ないから、お風呂入る時間も遅くなって、睡眠不足だし、今日は、朝から会議だってのに、眠くて昨日からずっとイライラしてた。

 

とても読みにくいですよね。

「のに」を連発して、幼稚っぽさも出してみました。

 

文章を短く1文に区切ることを徹底すると稚拙な文章にもなりますし、長いと読者が思考コストを使うので離脱率(ページを閉じる確率)が上がります

これを回避するために、最低限の文章力は必要ですよね。

今日はこんな感じで。

 

私が使っていた副業サービス:クラウドワークス


お金がない会社員時代を過ごし、常に起業か副業をしたいと考えていました。クラウドワークスを知ったきっかけは『ガイアの夜明け』でした。

 

今の私があるのも、きっかけは全てクラウドワークスのお陰で本当に感謝しています。技術や知識、資格がなくても自分の書いた記事がお金になることに興奮しましたし、空いた時間で副業できるのも大きなメリットです。

 

レビュー記事や、〇〇を使った経験の記事、あなたの得意ジャンルを募集していることもあるので、働く時間の取れない子育て中のママさんや、会社員の副業などに適しています。

 

私はクラウドワークスの副業で最大で30万円くらい稼だこともありました。すぐに始められる副業なのでおすすめですよ。

 

fxkaishayuudou