吾郎です。

収益化できていないサイトを3つも4つも持っているせいで勝手に一人で忙しそうにしています。

脱サラリーマンブログは、これから副収入を考えている人たちの力になれればと思って開始しました。

僕が今までやってきたことや、おすすめの書籍もあるので、

だったら、「アマゾンアソシエイト(アフィリエイト)に申し込みをしよう!」と思って申請をしました。

今回はそのお話です。

 

スポンサーリンク

 

アマゾンアソシエイト瞬間審査落ち

驚きました。

グーグルアドセンスの審査が難しいというのは聞いていたので、その審査を通過した僕なら問題なくアマゾンも通るだろう!と勝手な勘違いをしていたんですよね。

上下関係をつけるわけではありませんが、アマゾンよりグーグルの方が審査が厳しいイメージを持っていました。

1回目のやりとりはこんな感じでした。

アマゾンのメール

あれ、僕アマゾン・アソシエイトのアカウント・・・・そういえば持ってた!

FC2ブログでおこづかい稼ぎをしようと思った2012年頃、アカウントを取得しました。

ということは、今回の結果は重複するアカウントは持てませんよ。という内容ですね。

以前のアカウントから再度審査挑戦!

アマゾンの審査結果

結果が来るのがすごく早かった。

多分1時間もかかってなかったくらいでしょうか。

ネットの情報では、審査落ちになった理由をメールで記載してくれているとありましたが、僕に届いたメールは一切そのような記載がありません。

 

しかも、アクセス解析ツールで確認すると2ページしかチェックしてくれていません。

僕は、「アマゾンの規約に違反している何かがあるな?」こう考えました。

アマゾンさまアソシエイト規約の内容

アマゾン規約

全然見えないので引用しました。

 

(a) 性的に露骨な内容を奨励する、または含むサイト。

(b) 暴力を奨励する、または暴力的内容を含むサイト。

(c) 誹謗中傷を奨励する、またはかかる内容を含むサイト。

(d) 人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的嗜好もしくは年齢による差別を奨励する、または差別的措置を採用するサイト。

(e) 違法行為を奨励する、または実行するサイト。

(f) アマゾンまたはその関連会社の商標や、アマゾンまたはその関連会社の商標の変形またはスペルミスを含むドメイン名のサイトやソーシャル・ネット・ワーキングサイトのユーザ名・グループ名・ページやアカウント名。例えば次のようなドメイン名

(g) その他知的財産権を侵害するサイト。

引用:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

こう書いてあります。

思い当たるものがないんですが、あるとすればgの部分?

画像を入れているから知的財産権を侵害するように見えている??このようにも考えられます。

 

スポンサーリンク

 

わからないのでなぜ通らないのか質問してみた

アマゾンからのメール

送ったらすぐ返事が来ました。

答えられないとのことでした。

はじめ、僕はメールを見たときにアフィリサイトだからダメ?と勝手に思い込みました。

思わず・・・

そうしたら、長沼さんが

長沼さんも落ちていたみたいです。

同じ経験をしている人がいますね。

ネットでアマゾンアソシエイトを調べてみると・・・

アドセンスの審査と同じような内容を書いている方がいました。

  • 写真は載せるな
  • 新規ブログで行け
  • アフィリサイトではダメ
  • 1日800字以上の記事を書け

などなど。

アマゾンアソシエイトの申請が降りたらいいなと思いましたが、サイトごとの申請が必要です。

ただでさえ、全てのサイトを更新できていないのにこれ以上増やすのは時間的に無理です。

ですので、諦めることにしました。

今後ライティングなどの記事を書いていこうと考えいてますが、アフィリリンクなしで行けば良いだけですので、これ以上こだわるのはやめておきます。

これが、僕とアマゾンアソシエイトさまの2日間のやり取りでした。